初桜に愛舞い降りて 〜宿世の契り〜

  京都、烏丸通り沿いにある護寿神社。神楽女のバイトで神社へ来た千珠は、見事に咲き誇る千年桜に見惚れた。その時、不思議な鈴の音と眩暈に襲われ、気を失ってしまう。しばらくして目が覚めたが、そこは平安時代!? 初桜に込められた宿世の契りが、千珠を平安の世へタイムスリップさせた!

 

主な登場人物

  • ・桜川千珠(さくらがわ せんじゅ)
     大学生22歳。何事にも前向きだが、行く先に不安を感じている。
  • ・藤原泰成(ふじわらの やすなり)
     蔵人少将(正五位下)26歳。曽祖父は元太政大臣。だが、権力には全く興味がない。真面目。

白桜邸の人々(中納言実成の第宅)

  • ・小牧(こまき) : 東の対屋付き女房。順応性が高く、千珠の良き理解者。
  • ・義文(よしふみ) :泰成付きの有能な従者。東の対屋を取り仕切る。
  • ・藤原実成(ふじわらの さねなり): 泰成の父、中御門大路三坊白桜邸主。中納言従三位。

その他

  • ・暁の上(あかつき) : 泰成の正妻。西洞院在原中納言、三の姫、24歳。
  • ・源敦家(あついえ) : 泰成の悪友。近衛少将(正五位)26歳。
          

 


マークは 【R18表現

         10 11 12 13 14 15 16 17

18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

33 34 35 36 37 38

 

 ご注意

『初桜に愛舞い降りて〜宿世の契り〜』はフィクションです。歴史上に存在する人物、場所、史実とは一切関係ありません。あくまで恋物語&ファンタジーとして楽しんでいただければ幸いです。
 また、2011年チャリティ「うりゃま」に参加した当時、諸事情で完結できなかった『千年桜の恋』を改題、大幅加筆修正したものです。(現在、チャリティで公開していた箇所より進んでいます)

 

麻結のオススメLOVE
 夏のピーチコフレ特別福袋! 売れ行きNO1♪ (売切れていたらスミマセン 汗)
 罠にハマるオトコ続出!?
 月間3000個突破!ベッド専用ラブコスメ

 

『用語(言葉説明)』

語句

  • ・紙垂(しで):注連縄や玉串についてある特殊な断ち方をして折った紙。

 

服装

  • ・表着(うわぎ):重ねの袿で一番上に着た華美な上着。
  • ・袿(うちき):小袖の上、表着の下に何枚も重ねて着る。襟や裾から覗く色を楽しむ。
  • ・小袖(こそで):袿の下に着る下着。単(ひとえ)とも言うが、ここでは小袖で統一。
  • ・直衣(のうし):私邸で着る衣装。中納言以上は聴(ゆるし)を得れば参内でも着用可。威厳を出したい時は、烏帽子ではなく冠をつける。
  • ・冠(かんむり):本来は冠を着用し、参内する。
  • ・烏帽子(えぼし):略礼である直衣や狩衣に用いたが、聴(ゆるし)を得れば院参可。
  • ・狩衣(かりぎぬ):実用着。参内は不可。院参は可。通常は烏帽子をかぶる。

 

第宅(邸)内

 

造り

  • ・寝殿(しんでん):主に、主人の住む主殿のこと。
  • ・第宅(だいたく):貴人の邸宅のこと。
  • ・主殿(しゅでん):白桜邸の中心住居。泰成の父の住居。
  • ・昼御座(ひのおまし):昼にいる場所。御簾や屏風で畳の周囲を囲っている。
  • ・御帳台(みちょうだい):天蓋付きベッド。(見取り図では、×とある場所)。
  • ・帳(とばり):御帳台を覆う、四方に垂らす薄い布。
  • ・塗籠(ぬりごめ):主殿では宝物庫。ここでは衣装や大切な品を置く、現代のクローゼット。
  • ・廂(ひさし):広い部屋。御簾などで区切ると局になる。上級女房は、この局を与えらる。
  • ・孫廂(まごひさし):廂の外側にある。区切って局にすることも可。
  • ・広廂(ひろひさし):広々とした縁側の端。現代の応接室(庭園を眺める)にも早変わり。
  • ・すのこ縁(すのこえん):広い縁側。
  • ・高欄(こうらん):すのこ縁の縁につけられた装飾手すり。
  • ・透渡殿(すきわたどの):主殿と各対屋をつなぐ橋廊下。主に、南側のこちらを使う。
  • ・渡殿(わたどの):透渡殿の北側にある廊下。橋廊下だが、女房たちの談話場。
  • ・中門廊(ちゅうもんろう):警備のいる門。
  • ・車寄(くるまよせ):牛車を入れておく場所。
  • ・曹司(ぞうし):私室。白桜邸に勤める役人などの部屋。名称(名)で呼ばれる。
  • ・階(きざはし):階段。
  • ・局(つぼね):女房の私室。廂や孫廂に部屋を賜ると、そこが局になる。
  • ・妻戸(つまど):両開きの扉。
  • ・壷庭(つぼにわ):建物に囲まれた庭で、樹木や草花が植えられている。

 

身の回りのもの

  • ・燈台(とうだい):部屋に置く灯り取り。
  • ・燭台(しょくだい):手で運べる蝋燭を使った灯り取り。
  • ・脇息(きょうそく):手で運べる蝋燭を使った灯り取り。
  • ・格子(こうし):孫廂の柱間に設ける障屏具(建具)。孫廂とすのこ縁の間にはめられる。
  • ・几帳(きちょう):間仕切り移動可能カーテン。女性が身を隠すのに使われた。
  • ・御簾(みす):細かく割った竹を編んだカーテン。孫廂の間、廂の間、すのこ縁の柱間に吊るし外部から見えないよう隔てる。
  • ・壁代(かべしろ):御簾の手前に布製の帳を垂らし、さらに人の目につかないよう遮断する。

 

その他

  • ・牛飼童(うしかいわらわ):牛車を引く専任。童と付いているが、子どもではない。
  • ・牛車(ぎっしゃ):牛が引く車。現代の車。
  • ・長女(おさめ):雑用に従事する下女。
  • ・雑色(ぞうしき):雑事を務める無位の者。

  ※日本史資料集、貴族の生活など、参考


初桜に愛舞い降りて〜宿世の契り〜
登場人物
STORY

用語説明集
用語(言葉説明)
服装
第宅(邸)内(鳥瞰図)
造り
身の回りのもの
その他

NOVELランキング参加中

  

めちゃくちゃオススメ♪
麻結も愛用してます♪



Template by Starlit